Finnadvance Ltd. – AKITA®

Please visit Finnadvance’s Website to have the content in English.

Finnadvance社(フィンランド)は、高度に拡張性のあるorgan-on-chipプラットフォームであるAKITAを開発しました。この生理学モデルにより、創薬の研究開発を著しく加速し、コスト・資源効率を高め、より信頼のできる結果をもたらします。同社は、正確な生物学的モデルを最高のハイスループット・プラットフォームでご提供します。

正確なin-vitroモデル

Finnadvance社は、創薬の研究開発に向けた次世代のヒト化in-vitroモデルであるAKITAプラットフォームを開発しました。優れたin-vivo相関性を持つ最高のハイスループット・プラットフォームをご提供します。

創薬の早期段階では、信頼のおけるモデルの欠如等が問題となり、ヒトでの成果の予測に失敗することがあります。研究室においてヒトでの生物学を確かに模倣することは、創薬を加速させるためのカギとなります。

AKITAは最先端の組織工学モデルです。一般的なハイスループットのウェルプレート上で生物学的バリアを再構成するための、ポンプを使用しないマイクロ流体培養プラットフォームを提供します。電気検出による解析、及び、ほぼ全ての光学的技術での測定が可能です。

AKITAを選ぶ理由

早期研究の一般的なin-vitroモデルは、人体における薬・治療の効果や毒性について信頼のおけるデータをみいだすことは難しいです。細胞が生体内と同じように機能するためには、非常に特異的な生体模倣システムと刺激が必要です。柔軟性の無い二次元の静的なプラスチックではin vivoと同様なタンパク質・遺伝子発現をする細胞を誘導することはできません。一般的なウェルプレートやペトリデッシュは、複数の細胞株を同時に培養することについても最適ではありません。

AKITAプラットフォームは、様々な生体模倣条件を再現するよう設計されています。Finnadvance社独自の設計と界面化学により、細胞の接着と成長を可能にします。プラットフォームの詳細はこちらでご確認ください。

Products

研究エリア

  • 癌細胞遊走
  • 免疫細胞遊走
  • 安全性と毒性
  • 炎症
  • バリア漏洩
  • 薬物動態

資料

資料一覧

上へ戻る

Please contact us for any inquiries, questions, or information requests.
Tokyo Future Style, Inc.
info@tokyofuturestyle.com
TEL:029-851-9222 FAX:029-851-9220

一覧へ戻る場合はこちらをクリックして下さい。